自動車保険比較

自動車保険比較!いったいどこに加入したら良いの!?

自動車保険の見直しで節約しなければ家計が危ない!?

最近の日本は、天災、交通事故の急増で保険会社の保険金の支払いが増え、保険料金の値上げが続々と続いています。

 

日本政府と損保会社共同の保険である、地震保険の値上がりが、全国平均で15.5%アップ!しかも、これだけでは終わりません・・・。これは2014年7月にも、もう一度アップの予定です。

 

そして自動車の自賠責保険料の値上がりが、2011年のアップに引き続き、2013年には13.5%のアップです。

 

 

また、自動車保険料も、事故を起こした人に限りますが、この場合はペナルティの意味も含めて、2013年10月から大幅アップとなっています。

 

このような、保険料の上昇に加え、原子力発電所事故や外為の円安の影響で、電力使用料金やガソリン価格などのアップが控えており、さらにこれらに追い打ちを掛けるのが、消費税率のアップです。

チューリッヒの公式サイト

1年間で20万円以上の税負担増!あなたはどうする!?

消費税の10%へのアップ関しては、協議中ではありますが、このままでは2014年4月1日には、5%から8%へ、2015年10月1日には、8%からさらに10%へとアップが控えています。

 

物価や税金が上昇するにもかかわらず、一般民間人の年収について考えますと、まだまだ据え置きの状況ですから、現時点での日本の経済は、いわゆるスタグフレーションの状況(景気悪化時のインフレ物価上昇)になりつつあるのが現況です。

 

このままの状況では、一般の家庭で、各種値上げによる家計負担の増加は年間20万円を超えると試算され、1か月当たりにすると、約2万円の減収と同じことで、年間収入300万円〜600万円の中間所得層の人たちにとっての影響は大変なものです。
家計の見直しをして、少しでも出費を減らす方法で、意外と盲点となっているのが、自動車保険です。誰でも実行が簡単で、年間にして2万円以上の節減効果も期待できますので検討されることをお勧めします。

 

あなたに合った自動車保険はどこ?。

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり

これまで250万人以上が利用している便利なサービスです。

さらに平均25,000円も保険料が安くなっっています。

 

自動車保険を一括見積もりを試してみる

 

自動車保険比較!いったいどこに加入したら良いの!?記事一覧

ソニー損保の自動車保険ってどうなの?

皆さんもご存じのように、最近は、インターネット利用のダイレクト自動車保険が実績を伸ばしています。やはり事務手続きが簡単なだけ、保険料金も安くなっているので人気が出ています。ダイレクト自動車保険の中でも特に「ソニー損保」は、代表的なもので、売上高は常にトップクラスを保っている人気保険です。保険料の価格...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ