自動車保険料

家計に大打撃!これからは交通事故を起こすと、自動車保険料が大幅アップする危険!

談合、価格カルテルが進む自動車保険

あなたは大丈夫?実は大手損害保険各社は、2013年10月以降に、交通事故を起こしたドライバーの保険料を大幅に引き上げました。

 

ドライバーの高齢化が進み、事故が急増しているため、損害保険会社の自動車保険の収益に赤字が続き、この赤字を減らすことが主な目的ということですが、いわゆる談合、価格カルテルです。

 

そのような中、損害保険会社は、「事故を起こした場合に、保険料をアップする制度は、自動車保険の加入者であるドライバーにも緊張感が出来て、未然に事故を抑制する効果も期待できる」とのコメントをしていますが、若者の人口が減り、新車の自動車購入者が減っているので、売り上げを維持するには自動車保険料を上げるしかないのが本音でしょう。

 

しかし単純に自動車保険料を上げてしまえば、益々若い人を中心にクルマ離れが加速してしまうので、一番、批判の少ない事故を起こしたドライバーにペナルティを課したというところです。

チューリッヒの公式サイト

3年間のペナルティーが家計を直撃!

 

実際、自動車保険の加入者に対しては、加入年数と事故歴に応じて、1〜20までの等級があり、保険会社に関わらず、等級が大きいほど保険料の

 

割引率が大きくなり、保険料は安くなります。

 

20等級で、しかもゴールド免許であれば、車両保険を除けば、かなりの割引率になります。

 

車両保険はクルマの車種によって違うので、一概にはいえませんが、スポーツタイプのクルマは車両保険が高くなる傾向があります。

 

また一年間無事故ならば、翌年は1等級上がって保険料は安くなりますが、
事故を起こした場合は、3等級引き下げられて保険料が高くなります。

 

新制度でも保険の等級変更は、今と同じで、3等級引下げですが、
事故を起こした保険加入者には、ペナルティ料率が3年間適用され、
大幅な保険料アップとなります。

 

 

 

では、実際に事故を起こした場合の一例を、試算してみましょう。

 

例えば、現在20等級で、年間約6万円の保険料を支払っている場合、
自動車事故を起こせば、3等級下がって17等級になります。
ここまでは依然と何もかわりません。問題は現行の保険料は、翌年から約7.3万円ですが、
新制度になりますと約10万円となり、現行の約37%アップになります。

 

しかもこのペナルティは、少しずつは減少するものの、
さほど大差ない状況が3年間続きますので、
保険加入者にとって事故を起こした場合の、
保険料の上昇が、如何に厳しいかお判りでしょう。3年間のペナルティーは給料が上がらず、様々なものが値上げされる中、家計の実質的に使える可処分所得を急激に減らし、景気にもボディーブローのように悪化させる1つの原因になることでしょう。

 

これまでは、事故を起こしたドライバーも、起した事の無いドライバーも、あまり差の無い保険料であったため、以前から、「事故を起こしたドライバーに対しては、保険料にもっと差をつけるべきだ」との意見も中にはありましたが、自動車保険会社の意見でしかありませんでした。景気が悪い中で、実施されることは、まさに最悪のタイミングで個人の懐を寒くします。

 

自動車保険各社の大義名分としては、最近の高齢者ドライバーの事故増加による、損保会社の自動車保険部門の赤字決算から、このような新しい制度に踏み切ったという建前ですが、何故、全自動車保険で行うのか?そして、それが価格カルテルとして処罰されないのかは疑問が残るところです。

 

いづれにせよ庶民ドライバーにとってはガソリン価格の上昇、自賠責保険の値上げ、そしてさらに消費税の8%。10%の増税や電気料金をはじめとする光熱費の値上げなど、懐の痛いことばかりが続きます。

 

交通事故を進んで起こす人はほとんどいないと思いますが、これからはクルマの運転にはさらなる注意が必要なのでご用心。

 

あなたに合った自動車保険はどこ?。

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり

これまで250万人以上が利用している便利なサービスです。

さらに平均25,000円も保険料が安くなっっています。

 

自動車保険を一括見積もりを試してみる

 


ホーム RSS購読 サイトマップ