任意自動車保険

任意自動車保険の加入は誰もが必要か?

自賠責保険と任意自動車保険の違い

若し、あなたが車を手に入れた時、「強制的に自賠責保険に加入しているから、任意自動車保険への加入は不要では」
と思って、任意自動車保険を掛けないとすれば、とんでもない事です。

 

それは、自賠責保険の場合は、事故による損害がある一定額を超えると、その超過分については、加害者が被害者に対して賠償しなければならないからです。

 

また、自賠責保険では、物損と呼ばれる車や構造物や田畑など、他人の所有する品物に損害を与えた場合は全く保障されません。

チューリッヒの公式サイト

「他人のための賠償」と「自分のための補償」

自動車事故は、どの様な事が起こるか分かりません。
この思いもかけない不測の事態に対処するために、ドライバーのためにあるのが任意自動車保険で、これに加入することが大変重要な事で、社会に対する責任でもあります。

 

そこで、任意自動車保険の内容ですが、これには2つの側面があります。
それは、「他人のための賠償」と「自分のための補償」です。

 

第一の「他人のための賠償」ですが、乗車中の他人や、歩行者などを死亡させたり障害を与えたり、また、車や建物のような他人の財物を破損した場合の賠償ですが、この場合は、無制限の補償が出来るものをつけておくべきです。

 

第二の「自分のための補償」ですが、これも、思ってもいない時や大きな損害の時を考慮して、後で後悔しないように補償の内容を吟味して、自分に適した、家族が困らない、補償の保険を掛けるべきです。

 

車を運転するには、社会の一員として最低限の責任を果たす意味でも、任意自動車保険に加入し、他人に対しては無制限補償が出来、自分に対しても家族を困らせないだけの補償のあるものを契約し、決して、契約期限が途切れないようにすることが、必要不可欠です。

 

でも、自動車保険の会社も色々あって、どこにしたら良いのか悩むことも多いですよね。

 

クルマを購入してからの年数や、契約するドライバーの年齢、年間の走行距離、使用頻度によっても違うので、一概にどこが良いとは言い切れません。

 

まずはしっかり自動車保険を比較して、
一度、色々な会社で見積もりをとってみると良いでしょう。

 

あなたに合った自動車保険はどこ?。

【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり

これまで250万人以上が利用している便利なサービスです。

さらに平均25,000円も保険料が安くなっっています。

 

自動車保険を一括見積もりを試してみる

 


ホーム RSS購読 サイトマップ